プロフィール

備前薬作家/黒崎巌

自然に囲まれた中での物作りに憧れ、出版社の営業職から備前焼作家に転身。1991(平成3)年に備前焼陶芸センター終了後、岡田輝に師事し、陶技を磨く。95年に登り窯を築き、翌年96年に初窯を出して独立、初個展を開催。99年に半地下式穴窯を構える。

ランプシェードなど明かりのオブジェをよく手掛ける。穴窯による炎むらが生み出す器肌が特徴で、土味を生かした作品を狙う。今後は次世代へ継承する物作りを目指したいという。

岡山、東京、埼玉、仙台、高知などで定期的に個展開催。岡山、玉野市の小学校で特別非常勤講師として伝統工芸・土ひねりを指導。

<黒崎 巌 略歴>

1950年
○岡山県岡山市に生まれる
1989年
○岡山県備前陶芸センターにて研修
1990年
○備前焼作家 岡田 輝に師事
1995年
○瀬戸内海を一望できる玉野市に登窯を築く
1996年
○初窯、初個展を開催
2001年
○半地下式穴窯を築く ○同年初窯
2011年
○岡山、東京、埼玉、仙台、高知などで個展を開催